スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑談 09年6月8日

2009年06月08日15:09

昨日のトルコGPについて書きます。
09年6月8日
『ベッテルGP』になると思っていました。
(まぁ、トップ2人より完全に目立ってましたが)
ポールポジション勝率100%のトルコで
予選では全てトップタイムの完璧な走り。
でも僕が今回印象に残ったのは金曜フリー2回目の走りでした。
マシンの準備で走り出しが遅れたベッテル。
走り出したら、いきなり5番手のタイムを出し、
その直後、エンジントラブルでストップ。
フリー走行とは言え、あの汚れた路面でいきなり上位タイムを出すのは、
やはり只者ではない。
しかも、エンジンに不調を感じ、
自らの手で1コーナーで車を止めてます。
これはCS放送中、今宮さんが紹介してました。
『並大抵の22歳ではない!』と。

結局、決勝でのたった一度のミスが致命傷になってしまった訳ですが、
その後の3ストップも若さ溢れた挑戦という感じで面白かった。
まぁ、今年はタイトル獲れなくてもいいじゃないですか。
バトンにとっては、今年が最後のチャンスな訳で、
ベッテルには無限の可能性が待っているのだから。
それにしても、振り向けばウエバー、恐るべし。
今年のレッドブルのラインナップは大正解ですね。

話変わって、今年のタイヤは何かがおかしいと思う。
常にタイヤのタレを気にしながら、全員が恐る恐る走ってます。
これはBSが悪いわけではなく、
FIAがタイヤにエンターテイメント性を持たせようと、
わざと2種類のタイヤの硬さを極端に変えているせいです。
確かに、タレてしまったタイヤで走る上位マシンを
下位マシンが抜いていく姿を見るのは見た目、面白いかもしれません。
ただ、攻め切れないドライバー達を見ていると、
それが逆にオーバーテイクを減らしているような気がします。

以前M.シューマッハが大胆な作戦変更で逆転優勝を演出していましたが、
それはタイヤ戦争の恩恵を受けていた為。
ベッテルは同じ事をして、今回達成出来ませんでした。
これは明らかにタイヤ性能の違いがあるからです。
ただ、タレない高性能タイヤを全員が使うと、
条件が平等になりオーバーテイクが更に減り・・・。
難しい問題です。
ただ、品質は悪く見えてしまいますよね。
BSとしては嫌な感じなのではないでしょうか?

という事で、なにかスッキリしないトルコGPでした。
今回決勝観戦時、テーブルに並べたのは・・・、ベッテルのSTR3。
呪いは健在です。(笑)
(別にベッテルが嫌いな訳ではありません。)
本当なんですよ~。
次回は、並べるミニカー事前にお知らせしましょう。
母国GPのバトンのミニカーでも並べてみましょうか?(笑)



相互リンク募集中です。

FC2ブログランキング参加中です。
このページを読んで、おもしろいと思った方、一押しお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメント

呪い?(笑)

確かにベッテルはもっと行けるかと思いましたけどね。
バトンが強すぎでしたね。

それにしてもnaoさんの呪い?凄いですね。
次戦はバトン?
ホントに何かあったら本物だ~(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

nao

Author:nao
相互リンク募集中です。

FC2ブログランキング参加中です。
このページを読んで、おもしろいと思った方、一押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。