スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑談 14年8月10日

2014年08月10日15:21

100.jpg
やっと観た『RUSH プライドと友情』。
と言う事で今日は僕なりのレビューを書きたいと思います。
ネタバレ注意なので、これから観るという方は読まない様に。
(1回通しで観ただけなので、その辺ご了承ください)

面白い映画でした。
レース物、しかも俳優が実在の人物を演じるという事で不安はあったのですが、
極端な演出もなく、ほぼ実話に沿った流れで、あまり違和感を感じる事はありません。
(70年代が舞台の割に画面に古臭さもなく、それが逆に違和感なのかもしれないけど)
ちなみにラウダが復帰戦で4位入賞するシーンで僕は泣きました。(笑)

F1ファン、その中でもコアなファン向けなのかなと思いました。
(だから僕は楽しめた)
その理由としてドライバーは主役の二人以外で目立っていたのはレガッツォーニぐらいで、
他のドライバーはたまにBGMの様に名前が出て来る位です。
それより、ティレルで日本人ドライバーの面倒を見てくれたハーベイ・ポストレスウェイト、
ちらりとしか出て来ないけど異様に存在感のあるエンツォ・フェラーリ、
若き日の現フェラーリ会長のモンテゼモーロ・・・も出てたはずだけど、気づかなかった。(笑)
そういったデザイナーや、エンジニア達の名前が出て来るのが面白い。
なのでDVDで鑑賞する時はスマートフォン片手に、
出て来た名前をウィキペディアで検索しながら観るとさらに楽しめると思います。

あとラウダが将来結構する女性とイタリア人ファンを乗せてドライブするシーンもお勧め。
最初安全ドライブの為つまらいと言われるのですが、
女性に格好良い所を見せようとした瞬間、超絶ドライビングに豹変するラウダ、
そういえば中嶋さんも普段はとても安全運転だと言う話を聞いた事があります。
F1ドライバーの凄さを垣間見れる面白いシーンだと思いました。

と言う事で、この映画の主人公は・・・僕はラウダだと思います。
破天荒でファン受けし易いはずのハントの印象が、なぜかあまり残らないんですよね。
これはハントが既に故人だという理由からの印象かもしれません。
それともミニカー持ってないせいかな?(笑)
まぁ、なんだかなんだ言って楽しめた映画でした。
ぜひ別のドライバーで続編を作ってもらいたいですね。
ビルニューブとピローニ?
セナとプロスト?
僕のお勧めは、セナ&プロスト&ピケ&マンセルの四天王時代、87年なんていかがでしょう?

映画鑑賞後、以前作ったフェラーリ312T2を再カスタムしたのでついでにご紹介。
312T2 NL 9 312T2 NL 10 312T2 NL 11
何が変わったか判りますか?
実車と違うかもしれませんが、RUSH仕様に近づけようと、
リアを中心に少し変更してみました。
ヘルメット変えたいよ~。
ラウダのヘルメットデカールって、どこかから発売されてましたっけ?
312T2 NL 12 312T2 NL 13 312T2 NL 14
この映画を観て、少しでも興味を持った人には、ぜひ現代のF1レースを観て欲しいですね。
映画に比べてデジカル化が驚く程進んでいますが、
人間模様は今も昔も一緒、
ハミルトンVSロズベルグ、現代進行形で進んでいる『プライドと友情』をぜひ生で楽しんで頂きたいです。

相互リンク募集中です。

FC2ブログランキング参加中です。
このページを読んで、おもしろいと思った方、一押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

nao

Author:nao
相互リンク募集中です。

FC2ブログランキング参加中です。
このページを読んで、おもしろいと思った方、一押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。