1992 フットワーク・無限ホンダ FA13 M.アルボレート

2014年05月31日19:02

スパークのアルボレートFA13、遅れましたがアップします。
FA13 MA 1 FA13 MA 2 FA13 MA 3
久しぶりの白いF1マシンと言う事で、ちょっと新鮮、
今年のウィリアムズFW36のミニカーを手にすると同じ気分になると思います。
亜久里さんモデルが日本GP仕様だったのに対しこちらはモナコGP仕様、
リアウイングがやや寂しいですけど、あまり気になりませんね。
FA13 MA 4 FA13 MA 5
ドライバーは事実上のエースドライバー、アルボレート。
獲得したポイントは6点、ランキングは10位でしたが当時は入賞が6位までだった時代、
今のポイント計算で行くとなんと16戦中、入賞12回、獲得ポイントは75点まで跳ね上がります。
昨年で言うとランキング8位のマッサが112点、9位のバトンが73点、
単純比較は出来ませんが、なんとなく実力の比較は出来るのではないでしょうか?
FA13 MA 7 FA13 MA 8
ちょくちょくポイントを獲得してくるアルボレートに対し亜久里さんの成績を悪く言う人がいます。
でも、これが才能の差と言うと、ちょっと違うような気もします。
当時の亜久里さん(と言うより、日本人ドライバーは全員)はペイドライバー扱いだった訳で、
ヨーロッパのスタッフ達がどれだけ亜久里さんを認めていたかと言うと・・・、
つまり才能の差ではなく、環境の差だったのではと。
これって仕事をする上でかなり重要な事なんですよね。
お金は無いけどフェラーリなどでトップドライバーとして戦って来たドライバーと、
お金はあるけど、実績はあまりないドライバー、
表向きは平等でも、世界一頑固なイギリス系チームでは、
スタッフ達のマンパワーの向かう先がアルボレートに向かうのが顕著だったのではないでしょうか?
その結果亜久里さんのマシントラブルも増える、リタイアも増える、まぁ、勝手な想像ですけどね。

話をミニカーに戻します。
相変わらず不満が残るがヘルメット、バイザーが小さいんですよ。
なのでスミ入れペンを使用してバイザーを延長してます。
FA13 MA 6
これだけで、かなり格好良くなります。
ただ僕のモデルはバイザーの下に大きなバリがあってデコボコしてるんですよね。
これはもうどうにもならないので我慢するしかありません。
まったく、スパークはヘルメットだけが一向に進化しない!
この点が僕がスパークにF1モデルの未来を託せない理由になってます。
FA13 MA 9 FA13 MA 10
台紙は、前回「気合入れて作るぞ!」と言った割には、
いろいろな方の台紙の影響がもろに出まくり、これオリジナルと言って良いのか?
すみません、最近発想力が枯渇してます。
FA13 MA 11
それにしても、今この時期にアルボレートのマシンが2台続けて手に入るなんて全く予想してませんでした。
スパークからミナルデイマシンの発売が始まるようなので、
数年後にひょっとしたらまた出会う事になるかもしれませんね。
次回は亜久里さんのミニカーで更新予定です。

相互リンク募集中です。

FC2ブログランキング参加中です。
このページを読んで、おもしろいと思った方、一押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

nao

Author:nao
相互リンク募集中です。

FC2ブログランキング参加中です。
このページを読んで、おもしろいと思った方、一押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索