スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1988 フェラーリ F187/88C G.ベルガー 2回目

2013年12月02日11:56

では前回の続きです。
シャフト抜きをした結果はこうなりました。
まずはフロント。
F1-88C GB 8
これで普通のディスプレイミニカーになりました。
本当は極太のサスペンションアームも全て交換するべきなのでしょうが、
今回はそこまでするのはパスと言う事で。
そしてリア。
F1-88C GB 9
F1はリア駆動車なので、本当はリアのシャフトを抜く必要はありません。
ただ少し高級感を出したかったので真鍮線に交換してみました。
真っ黒より格好良くない?

そして今回の目玉(その割には仕上げが汚い!)、
サスペンション周りの穴を塞いでみました。
F1-88C GB 10
アシェットミニカーの最大の欠点、
この穴が開いているせいで、一気におもちゃミニカー感が出てしまうんです。
本来はプラ板か何かで塞いだ後塗装するべきなのでしょうが、
今回はハセガワの曲面追従シート、つまりシールで塞ぎました。
ちょっと薄っすら継ぎ目が見えてしまってますが、
遠目でみるとあまり気にならない様に見える・・・らしい。(笑)
僕のカスタムのテーマはお金と手間を掛けないなので、これでいいのだ!(笑)
ちなみにリアはあまり目立たないのでそのまま。
はい、手抜きです!(笑)

遠目で見るとこんな感じね。
F1-88C GB 11 F1-88C GB 12
F1-88C GB 12 F1-88C GB 14
細かい所も付け足して、だいぶ完成に近づいて来ました。
ドライバー降ろすとこんな感じ。
F1-88C GB 15
ドライバー乗せると隠れてしまうヘッドレスト部も作ってあります。
ベルガーフィギュアは気分によって412T1にも乗って貰わないといけないので、
その対策です。(笑)

そして仕上げはマルボロ化。
今回はエッフェのデカールを取り寄せました。
F1-88C GB 16
いや~、やっぱりエッフェのデカールは粘着が適度で貼り易いね。
最近ミュージアムコレクション製ばかり使っていたので、痛感します。
タイヤに使ったミュージアムコレクションのデカールなど、
粘着力ゼロで一部接着剤で貼ったぐらいですから。

あとこのアシェット製88C、
スポンサーデカールがかなり間違って貼られている(リア翼短板等はサイズすら合っていない)のですが、
エッフェorミュージアム、どちらのデカールセットを購入しても修正は出来ません。
とりあえずリアの翼端板は自前で変更。
F1-88C GB 17
デカールの製作は出来ないので、
Agipの白ロゴとグッドイヤーのロゴ、
カーナンバー丸ごと光沢紙で印刷して両面テープで貼り付けてあります。
相変わらずの荒業(笑)ですけど、一番予算は掛からないと思います。
フロントも同様のやり方でdigitalのロゴを再現してます。

あとは台紙を作って完成となるのですが、
ちょっと長くなったので今回はここまで、
次回F187/88Cカスタム、最終回へ続きます。

相互リンク募集中です。

FC2ブログランキング参加中です。
このページを読んで、おもしろいと思った方、一押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー
ジャンル : 車・バイク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

nao

Author:nao
相互リンク募集中です。

FC2ブログランキング参加中です。
このページを読んで、おもしろいと思った方、一押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。